産前産後のお母さんやそのご家族へ、出産に関する体験談をお伺いするインタビュー企画。これからお母さんになる方やそのご家族には、不安・悩みも多いと思います。子育ては十人十色ですが、誰かの経験を知ることで選択肢が少しでも増え、悩みの緩和に繋がると思い、先輩たちの実体験をお届けします。

第6回目としてお話を伺ったのは鈴木 奈津美(すずき なつみ)さん。

大手IT企業で10年以上従事されながら、2019年に「母親アップデートコミュニティ(HUC)」を立ち上げ。現在も全国のお母さん達と「母親を、もっとおもしろく」というビジョンの基に活動をされており、鈴木さん自身も1児のお母さまです。

3週間も早く産まれてきた息子さんの誕生話や、頑張り過ぎて倒れてしまった復職話、そこから気づいた母親像への固定観念、多くのお母さん達と活動をされてきたから分かる母親を取り巻く環境など、積極的に活動されている鈴木さんにお話を伺いました。


<プロフィール>
鈴木 奈津美<Suzuki Natsumi>
東京都出身、在住。2002年大手IT企業へ入社。エンジニア職を経てマーケティングマネジャーに着任。2019年に母親が自分らしくいられる場として「母親アップデートコミュニティ(HUC)」を立ち上げる。2020年法人化。
プライベートでは30代に第1子を出産。




第1部:産前

静かに感じていた「妊娠」というプレッシャー

予定より3週間も早く出会えた我が子


森山:妊娠が分かるまでにはどのような経緯がありましたか

鈴木さん(以下敬称略):新卒で今の会社に入り10年ほどした時に夫と結婚しました。そこからフルタイムで仕事を続けて2年ほど経った時、妊娠が分かりました。30代も中盤に差し掛かり、周囲では第1子、第2子という友人も増えていたので、自分が妊娠したと分かったときは正直「ホッとした」のが一番の感情でしたね。

無意識のうちに、プレッシャーみたいな若干の焦りを感じていたんだと思います。嬉しいや戸惑いという感情よりも「あぁ、私も妊娠したんだな」という安堵感に似た気分でした。同時に妊娠という人生において初めての経験だったので、具体的に何をどうしたらいいのか少しあたふたしたのも覚えています。

でもすぐに夫に言えなかったんです。あんまり自分のことを人にさらけ出すのが得意でないという性格もあり、何となく「病院に行って診察してもらうまではまだいいかな」と思い、黙っていました。



森山:病院で診察を受けて確定するまでは何となく言いにくいような気持ち、分かります。すぐに病院を受診されたのですか。

鈴木:とりあえず病院に行かなくてはと思い、自分で調べて予約を入れようとしました。

分娩をするなら痛みが少ない無痛分娩がいいと思っていたので、無痛分娩ができて家から通える範囲の病院で候補を選びました。そうなると該当する病院が少なくて。予約を入れようとしても空いていなかったり、すぐに埋まってしまったりして、少し焦りましたね。一週間くらい自分で探していく中で、条件に合う産院が見つかり、一人で受診しました。

そして受診後、夫に報告しました。「どんな反応になるのかな」と思いながら打ち明けてみると、いつものように冷静に受け入れてくれました。私もですが夫も、日頃のリアクションが大きい方ではないんです。自分たちの人生が大きく変わるであろう妊娠という出来事も、いつもと同じように、ゆっくり暖かく受け入れてくれたことは、ある意味安心感があってよかったなと思っています。



森山:「妊娠した」という報告をパートナーにするのは、女性にとって勇気がいる一言ですよね。 妊婦さんになり身体に何か症状はでましたか。

鈴木:妊娠が分かった時くらいから安定期までは、すごく眠かったです。妊娠したことの症状の一例として「眠気」があるというのも後から知ったので、なんで急に眠くなるのかちょっと不思議な気持ちでしたが、とにかくいつでも睡魔に襲われていました。

他にはちょっとした気持ち悪さがあって、通勤中の電車を途中下車してみたりしたことも何度かはありましたが、体調不良で寝込んでしまうとか、会社を休んだということは無かったです。有難いことに普段は健康体質で、多少の体調不調なら耐えてしまう性格というのも関係していたかもしれません。

その後もお腹が大きくなり動きづらくはなりましたが、今まで通り通勤して仕事をしていました。社内でも同じチームの人などにしか妊娠を伝えていなかったので、産休直前まで気づいていない人もいたと思います。それもあってか、お腹が大きくなってきても、自分が母親になるんだという自覚はさほど感じていませんでしたね。まずは日々の仕事をすること、今まで通り働くことに専念していました。



森山:眠気の症状、身体が大きく変化しているので、身体からは休むことを求めていたのかもしれませんね。その後、分娩はどのように進んでいったのですか。

鈴木:産休に入ってすぐに破水したんです。予定日より3週間も早く産まれてくることになりました。産休に入ったら一人の時間を楽しもうと思っていたのに、まさかこんなに早く分娩を迎えるようになるとは思ってもいませんでした。

日曜日の朝、なんだかいつもと様子が違うなと思い、病院へ電話してみたら「破水したかもしれないので来てください」という説明を受け、夫と一緒に病院へ向かいました。あと1-2日早かったら、無痛分娩ができない時期だったので、ぎりぎりというタイミングでした。

病院についてから検査をして、そのまま分娩する流れになりました。陣痛の途中から麻酔を入れて、痛みをなくし分娩にのぞみました。どうやらお腹の息子が逆さまだったのか、スムーズに出てこられなかったみたいで途中から吸引することになったんです。吸引機を使って無事に月曜日の早朝に誕生しましたが、その時に出血が多かったようで、産後は貧血状態になってしまいました。半日ほどベッドで安静にしていたら治まりましたが、出産は命がけだと実感しましたね。

初めて息子の顔を見た時、とても安心したのを覚えています。本当に私のお腹で育ってくれていたんだと実感したと共に、無事に産まれてきてくれた安堵感。出てきてくれるまではやっぱり何があるか分からないので、安心しました。




第1部終了<第2部は近日公開予定>



*******************************************************

【ご紹介】

HUC:母親アップデートコミュニティ

「母親を、もっとおもしろく」

「〇〇しなければならない。」から「〇〇したい。」へ。

自分の人生をワクワク楽しむコミュニティ



インタビュー/ライティング:森山 千絵