産前産後のお母さんやそのご家族へ、出産に関する体験談をお伺いするインタビュー企画。これからお母さんになる方やそのご家族には、不安・悩みも多いと思います。子育ては十人十色ですが、誰かの経験を知ることで選択肢が少しでも増え、悩みの緩和に繋がると思い、先輩たちの実体験をお届けします。

第17回目としてお話を伺ったのは山田 崇(やまだ たかし)さんです。

山田さんは大学を卒業後、地元である長野県塩尻市役所に勤務。塩尻市から地域をよくしたいと商店街の空き家を借りた地方創生やシティープロモーションなど、新しいチャレンジを次々と繰り出し、各地での講演活動も行ってきました。2022年にNTTドコモグループに転職、現在は東京と長野の二拠点生活を行いながら新しい挑戦を始めています。

第1部では妊娠から出産までです。現在、2児の父である山田さんが奥様と出会い、お付き合を始めた時にはある提案があったと言います。結婚への考え方、長男君が生まれた時のまさかのエピソードなどお話を伺いました。


<プロフィール>
山田 崇<Takashi Yamada>
長野県塩尻市出身、現在は東京と長野での二拠点生活。千葉大学工学部応用科学科卒業後、塩尻市役所入庁。シティプロモーション、地方創生、関係人口創出を担当し、塩尻市が抱える地域・社会課題解決を官民連携により推進。(2019年 著書「日本一おかしな公務員」を出版) 2022年4月よりNTTドコモグループの教育事業会社へ転職。人生100年時代の学びが体験できるオンライン動画学習サービス「gacco」、DX時代の新しい企業研修を提供する「gacco for Biz」、ビジネス創造力を養う「リベラルアーツ思考ビジネスプログラム」の設計・開発を推進。
プライベートでは2児の父。




第1部:産前

終わりを決めて、小さく始める

乾杯直後に始まったお産




森山:妊娠までの経緯を教えていただけますか。

山田さん:彼女と初めて出会ったのは、ある事業の表彰式でした。僕が関わっていた事業と、彼女がインターン生として働いていた企業が共に選ばれたのがきっかけです。当時、彼女は大学生でしたが「とてもしっかりした人だな」というのが第一印象ですね。その後は友人の結婚式で再会したり、東京での講演活動やイベントに来てくれるようになり、何度か会うようになりました。

そのうちに「1か月、とりあえず付き合ってみようか」という話になり、お付き合いをスタートさせました。新しいことを始めようとすると「継続させないといけない」と勝手に思い込み、自分でブレーキをかけて始められない場合が多いですが、「終わりの日を決める、小さく始める」というのをセットにすると始めやすいですよね。

私自身も塩尻市の地域活性化をとおして、より住みやすい街にしたいと思い、商店街の空き家になっていた場所を3カ月だけ取りあえず借りてみようと決め、結果的に11年間続いたのです。だから「終わりを決める、小さく始める」でまずはとにかく行動してみようと思い、お付き合いを始めてみました。



森山:「終わりを決めて、小さく始める」何事にも通じていますね。

山田さん:1か月の更新を続け、彼女も東京から長野へと住まいを移し、1年ほど過ぎた時に妊娠しているのが分かりました。

正直に嬉しいというよりも、複雑な心境でしたね。実は私は1度離婚を経験していたし、彼女とは19歳の年の差があります。また、統計によると3組に1組が離婚すると言われているとか。じゃんけんと同じ確率で離婚になる人達がいるならば、結婚に意味はあるのか、40歳半ばで父親になるのは経済的にも健康面的にも大丈夫なのだろうか、と結婚に対して純粋に前向きにはなれませんでした。


思い悩んでいた時に背中を押し、応援してくれたふたりの友人がいました。2人とも先に結婚していて、「なぜ結婚しないのか」という問いを投げかけてくれたのです。また、彼女からは「今の日本では制度的にも結婚した方がよい」というプレゼンを聞き、友人2人の応援もあり、結婚を決意。平成から令和に変わる4月30日という記念の日に、塩尻市のワイナリーを貸し切り、結婚パーティを執り行いました。県外からも大勢の人たちが駆けつけ祝福してくれて、本当に嬉しかったですね。





森山:妊娠がお二人の仲をグッと近づけてくれたのですね。妊娠中の奥様の体調などはいかがでしたか。

山田さん:つわりで辛そうにしていた時期もありましたが、片道1時間以上の通勤時間でも休まず仕事を続けていました。

私も各地への講演活動に加え予定日近くに出版を控えていたのもあり、とても忙しい日々だったのですが、有難いことに妻は大きな体調変化もなく予定日まで過ごせました。



森山:山田さん自身もとてもお忙しい時期だったのですね。奥様は里帰り出産されたのでしょうか。

山田さん:妻の実家は愛知県ですが、里帰り出産はせず長野県内の病院で立ち合い出産を予定していました。

予定日も過ぎた1週間後、私の出版記念パーティを商店街の人たちが企画してくれたのです。それまでいつ陣痛が来ても運転ができるようにと1カ月間はお酒を飲まずに我慢していたのですが、出版という大きな仕事がひと段落し、お祝いの席だったのもあり、妻とも「今日はいいよね」と言ってお酒を解禁したのです。

そしたら急に妻が破水してしまって、急遽病院に行くことになりました。まさかのタイミングでしたが、お腹の子の準備が整った時だったのかもしれませんね。


急いで病院に行き、私は妻のサポート役に徹しました。陣痛で腰が痛いと言われればテニスボールで押してあげ、17時間の葛藤の末に長男が誕生しました。

頑張ってくれた妻への感謝と共に、初めて見る長男はとりあえず元気そうでよかったというのが正直な感想でしたね。




第1部終了 <第2部は近日公開>



******************************

【ご紹介】

山田さんが現在お勤めされているgacco等の詳細についてはコチラから

「人生100年時代の学び、自分を超える未来へ」
100万人がもう始めている。すぐに始められてずっと続けられるオンライン動画学習サービス「gacco」
https://gacco.org/


リベラルアーツ思考ビジネスプログラム

VUCAの時代においてチームマネジメントやビジョニングなどに課題や悩みを抱えているビジネスパーソンに対して、固定観念にとらわれずに難局を乗り切るためのビジネス創造力を養成するプログラム。

https://gacco.co.jp/service/liberalarts/



インタビュー/ライティング:森山 千絵